ヨガインストラクター仕事がない!(理想と現実)

2019/08/09 ブログ
ヨガインストラクター

このブログはヨガのインストラクターになりたいと考えている方

または、資格を取ったばかりの方に向けて書きたいと思います。

 

スポーツクラブやヨガスタジオでレッスン参加をきっかけに

プロになりたい!と考える方も多いのではないでしょうか。

実際、私もそうでした。

 

ネットでヨガ資格取得と検索すれば、情報が多すぎて選べないくらい養成スクールの情報があがってきます。

それだけ人気のある資格と言えるでしょう。

 

流派によっても養成期間は様々ですが、最短ですと3日間で取得できる養成スクールもありますが、RYT200さらに500になると最低でも1年以上になると思います。

また、短期コースでも1ヶ月毎日6時間ほどの授業で取得可能なコースもあります。

 

ちなみに私は単位制のスクールで早くて6ヶ月、最長1年で取得の養成に通いました。

(9年前なので今は取得の基準が変わっているようです。)

 

ヨガ資格は国家資格ではないのでスクールによって基準が様々です。

逆に言えば資格なんかなくても仕事はできます。

インドで修行してきました♪であってもスキルがあればOKということです。

 

養成コースでは試験が必ずあります。解剖学などの筆記と実技試験です。

合格率は90%以上のスクールが多いと思います。

もちろん不合格の場合もありますが、再試験もありますので合格率は高いです。

(私のスクールでは何度でも再試を受けられるシステムでした。)

また落とすための試験ではなく、受からせるための試験ですから最後まで講師の先生

にくらえついていけば間違いなく合格できるはずです。

 

もちろん流派によってはアドバンスコースになると一気に合格率が下がる

または、ヨガ歴2年以上などの基準を満たさないと参加できない養成もあります。

 

でも、全体的には取得しやすい資格といえると思います。

 

実際私も拍子抜けしました。

「えっ開脚ができなくても養成コースで卒業OK!資格が得られるんだ~」

これ本当です。

 

私は養成コースに参加する前に最低限、開脚はできるレベルにしてから入学したので

「みんな意外とゆるい感じなのね~」と拍子抜けしたのを覚えています。

 

絶対にプロになりたい!と思っている方ばかりではないので

ジムやスポーツクラブで中途半端に習うなら一から正しく学びたい、そして比較的簡単に資格までとれるなら一石二鳥と思って養成に通う方も多いです。

 

プロとして仕事がしたいと思っているなら、ジムやヨガスタジオでオーディションに合格しなければなりません。

 

資格取得が比較的簡単・・・ということはオーディションの競争率は半端ないです!!

 

大手のジムではヨガ求人2~3名の枠にオーディション参加100人ということもあります。

 

スポーツクラブのオーディション担当の方が

「ヨガのインストラクターばかりがオーディション参加に来て・・・こんなに要らない」

「欲しいインストラクターは中級以上のエアロ、ズンバの先生が欲しいのに・・・」

とボヤいているのをよく耳にしました。

 

スキルのない新人がオーディションに合格するのは本当に難しいです。

 

しかし、ちょっとローカルな場所でジムやヨガスタジオ自体が少ない地域なら

自分で場所を借りて、または自宅の一部を使ってレッスンを開催するなら

オーディションに参加する必要はありません。

比較的この方法で成功している方は田舎でレッスンをしている先生です。

競争相手が少ないので新人であっても成功しやすいです。

 

でも、新人でもオーディションの合格率が高い!

または、常にヨガのインストラクターを求人しているスタジオがあります。

【ホットヨガ専門スタジオ】です!!

 

身体が硬くても、開脚なんてできなくても比較的簡単に採用されるのは

【ホットヨガ】です!!

 

スキルの高いベテランインストラクターになればなるほど

ホットヨガで仕事はしません。

 

レッスン獲得のために狭き門を奪い合うオーディションは常温ヨガスタジオ

または、常温ヨガもあるスポーツクラブです。

 

新人インストラクターが過酷な環境でのホットヨガで体調を崩してしまうことが本当に多いです。

自律神経の働きも乱れるので、ホットのレッスンを毎日担当するなんて・・・

私なら大げさでなく命の危険を感じます。

 

ホットヨガ専門スタジオでは社員契約もしてくれるので、収入を安定させたい新人インストラクターが働いていることが多いです。

 

でも、ホットヨガをメインとしたインストラクターは早い段階で

「仕事を辞めたい・・・」と思うはずです。

好きだったヨガが嫌いになってしまう・・・

そんな気持ちにまで追い込まれるインストラクターも少なくありません。

 

また養成スクールの料金は安くありません。

しっかりと単位を取らなくてはならないスクールなら平均50万円ほど掛かります。

2~3日で取れる養成コースはプロとして人前に立つことはできないと思います。

授業料は安いでしょうが・・・

 

しかし、養成コースを卒業したばかりの新人でも常温ヨガのオーディションに合格する

テクニックがあります!!

 

その話は次のブログで書きたいと思います。

 

スタジオZERO 高畑 麻樹子