取説通りに身体使えてますか?

2020/02/25 ブログ
取扱説明書

 

最近スタジオZEROのコンセプトを生徒さんにお伝えする時に

【取説通りに身体を使う】

それが、身体にとって一番ストレスがなく痛みのない状態です。
とお伝えしていますが…

そもそも、身体の取説(取扱説明書)って見たことありますか?

母子手帳はあっても、あなたの身体の取説は存在しませんよね。


ある意味人間のすごいところでもあるのですが
取説がなくても、何となく本能で使えてしまうんですね。
ようは自己流です。


例えば、日本の家電は優秀です。
取説を読まなくても何となくでも簡単に使えてしまう物もありますが
適当に使っていると寿命が短くなり壊れるのは早いです。

また、高額な家電は多機能な場合も多いので
まずは取説をしっかり読んでから慎重に扱うのではないでしょうか。

雑に扱い続けたことで壊れたら
修理して使うよりも、新しいものを買うことで問題解決だと思います。


しかし人間の身体はどうでしょう?
買い替えることはできないですよね。
もちろん、人工関節など部分的な手術(修理)はできても
総とっかえで新品にすることはできませんよね。

寿命を終えて、生まれ変わるその日まで…新品は無理です。


ならば大切に丁寧にメンテナンスしながら
使い続ける必要があります。


スタイルが崩れてくると皆さん声をそろえて

「筋肉がないんです…」

と言います。

 

でもこの考えこそが間違いです。
筋肉はあります!
筋肉がない身体はそもそも人とし存在できません!

 

身体の取説がないので、間違った方向に突き進み
その結果キレイにもなれないどころか
腰痛悪化、首の痛みやヒザ痛を起こし
病院や整体通いを余儀なくされる方が大勢います。


筋肉はあります!!
ただ、使いやすい筋肉ばかりに頼り過ぎてしまい
深層筋や小さな筋肉など、縁の下の力持ち的な
地味な仕事を担っている筋肉を使うことを忘れてしまっているのです。

人間の身体に必要の無い物はありません。
全部必要だから、そなわって生まれてきているのです。


例えば
長時間歩くと脚が疲れて、ヒザが重くなり痛みがでる。
そんな方は前の太もも(大腿四頭筋)の使い過ぎです。

後ろ側、もも裏や大殿筋、お尻の筋肉、体幹が仕事をしていません。
(きっと垂れ尻)

筋肉はあります!!
仕事をしたくて待っています。

 

【あなたが仕事を振らないだけです】

 

新しい筋肉をつける必要なんかないのです。


筋肉はありますから~
ただ、あまりにも仕事を振ってもらえずにいた筋肉は
すねて引きこもり仕事放棄( ̄▽ ̄)
やさぐれています。

その事実に気づき、自身の筋肉を再教育するのです!!

 

もう一度言います。

身体にハンディキャップが無いのであれば
筋肉はあります!!

長いブランクのせいで仕事の仕方を忘れてしまっているだけです。
もう一度、筋肉を再教育し活性化することで
戦力として復活させてあげればいいだけなのです。

身体にとって新しい装備は必要ありません。
自身に元々備わっている部品の全てに仕事をさせるのです。

これがスタジオZEROの身体づくりのコンセプト♪

 

「取説通りに身体を使う」です。


自身の取説を知り、身体を正しく使いたいと思った方は
ぜひスタジオZEROへ…


スタジオZERO 高畑 麻樹子