アイヨガ(視力向上ヨガ)知ってますか?

2020/03/19 ブログ
疲れ目


アイヨガのタイトルを見て
ほとんどの方が…( ̄▽ ̄)?
こんな顔になると思います。

逆に「あ~知ってる」と思った方は
かなりヨガ通なのではないでしょうか。


日本人の80%は目に疾患があると言われています。
かなり多い割合ではないでしょうか。

白内障、緑内障、近視、乱視、飛蚊症、アレルギー、ドライアイ
認めたくないけど老眼…

目の疾患はご年配の方ばかりではありません。

普段はコンタクトを使用している方も多いので
眼鏡をかけていないからといって
問題がない訳ではありません。


以前職場の同僚がこんなことを言っていました。

「高校生から使い捨てコンタクトを愛用し、今後もきっと使い続けることになる」
「今まで掛ったお金、そして今後も買い続けることを考えると大きな出費!!」
「このお金で何回旅行に行けるだろう」
「視力が良い人がうらやまし~」
(そんな私は視力が良い♪)


視力がおとろえると、一般的には回復はしないと考える方が多いと思います。
手術や眼鏡、コンタクトなどで対応するしかないと…

でも実はそんなことはなく、目の疾患も自身でよくすることはできます。

もちろん疾患の度合いにもよります。
全ての方に改善を保証することはできませんが
足首・手首・首の3つの首は目の経絡につながっています。


歩き方がおかしいと(猫背、ガニ股、内股など)
足首の柔軟性は失われると同時に
目にもトラブルが現れます。


家事のし過ぎで腱鞘炎(けんしょうえん)気味…
手首が痛いのを我慢しながら使い続けていると
目まで悪くなります。


スマホの見過ぎでストレートネックになり
慢性的な首コリを放置すると
将来、白内障や緑内障のリスクが上がることにつながります。


日本は恵まれた国なので、身体の不調があれば直ぐ病院へGO~
病気、身体の不調はお医者さんが治してくれるもの
と考えている方が多いと思いますが違いますよ。


【自分の身体は自分で治すことが基本です!】


直ぐに人に頼るのではなく
まずは自分で治すことを考えるのです。

 

今、コロナの影響もありジムやヨガスタジオも自粛ムードですが

落ち着いたころにスタジオZEROでは

イベントレッスン
【アイヨガ(視力向上ヨガ】をおこないたいと思います。

楽しみにお待ちくださいね♪

 

スタジオZERO高畑麻樹子