きれいな鎖骨は小顔の条件って知ってましたか?

2020/10/15 ブログ
小顔の女性

 

あなたの鎖骨キレイに見えてますか?
美しいデコルテラインは女性の憧れですよね。


今、鎖骨がうもれて見えない女性が増えています。


「だってコロナ太りしちゃったから…しょうがない…」
そんな声が聞こえてきそうですが、原因は単純に太っているからではありません。
もちろん、ものすごく太っている方は脂肪にうもれて見えない場合もあるかもしれませんが、
日本人は先進国の中で一番肥満人口が少ない、むしろ痩せている人が圧倒的に多い人種です。


ではなぜ鎖骨がうもれて見えないのか?
簡単に言えば姿勢の悪さです。


必要以上に胸を張り過ぎて、肩を後ろに引いてしまうと鎖骨が消えます…


猫背はダメ!という意識が強すぎて、胸を張ることがクセになってしまうと
鎖骨も必要以上に横に引っ張られることになり、結果うもれて見えなくなるのです。


鎖骨はリンパ節の役割を果たしています。
ようは下水道です。


ちょっと想像してみてください。
下水が詰まるとどのような状況になるでしょうか?


排水管から逆流し汚い水があふれてきますよね。


一日頑張って仕事をした頭は老廃物がたまります。
マスク生活もお顔にとっては強いストレスとなり老廃物がたまります。
その老廃物は首を伝って、リンパ節である鎖骨に流れ「ろ過」されるのですが…


その鎖骨がキレイに見えていないということは、骨は正しい位置にありません。
正しい位置にない物は、正しく働くことはできません。


老廃物の逆流です。
本来ろ過されて循環される老廃物が顔面に逆流してしまうのです。


顔がむくみでパンパン状態です!!


小顔に見られることはまず不可能ですよね。


でも、だからと言って前肩、猫背ならいいのか…
もちろんそれもダメです。


あえて猫背にして、肩を上げて首をすぼめると鎖骨が出やすいですが
美しいデコルテラインとはほど遠いと思います。
特にこのタイプの方は、壊滅的にネックレスが似合わないと思います。
鎖骨にアクセサリーが全く馴染まず、浮いて見えてしまうからです。


お気に入りのマッサージクリームを使って、首筋やデコルテラインのリンパマッサージをしている方も多いと思います。
もちろん、効果的な方法だと思います。
でも、それだけでは根本的な解決にはなりませんよね。


鎖骨のポジションが安定していれば、勝手に老廃物はろ過されお顔はむくみのないスッキリとした
小顔をキープできるのです。


小顔を手に入れたかったら、美しい鎖骨を手に入れることが一番の近道ですよ♪


スタジオZERO 高畑 麻樹子