「痩せたい」という強い願望から摂食障害に…

2020/10/27 ブログ
食事をする女性


きっかけの大半はダイエット!
思春期以降の女性に多く発症している疾患です。


この内容でブログを書こうと思ったきっかけは、摂食障害(過食嘔吐)から入れ歯になってしまった女性の動画でした。


以前ブログでも書きましたが、私は歯が弱いです…
小学生の頃から歯医者通い、歯磨きをおこたっている訳ではないのに気づけば治療していない歯は12.3本ほどです。
それ以外はガリガリ削って治療済みなのです。


今の小学生は虫歯ゼロが当たり前だよ♪
と姪っ子に言われた時は、心底うらやましかったです。


肩こり、腰痛、背骨の歪み…
特別な疾患を抱えているのでなければ、体型のコンプレックスは自分で克服することができます。
スタジオZEROのコンセプト『自分の身体は自分で治す!!』


しかし残念ながら虫歯だけは、自分で治すことはできませんよね。


そんな私は今から歯を失ったらブリッジ・インプラント・義歯(入れ歯)どの治療を選択しようか?
と情報収集しているのです。
その時に目にした動画が摂食障害(過食嘔吐)から入れ歯になってしまった女性の動画でした。
女性の年齢は30代とのことでした。

どれだけの喪失感だっただろう…と想像すると切なくなりました。


虫歯治療でガリガリ削るだけでも
(あ~また自歯がどんどん無くなっていく~)と老後の歯の不安がつのってくるのですから
30代で歯を全て失ってしまうことの絶望感は計り知れません。


そのきっかけがダイエット!!
痩せてキレイになりたいと思って頑張っていたのに…


拒食、過食、過食嘔吐これらは現代病ですよね。


痩せている=美しい


極端な低体重になってしまうと、脳も委縮してしまい物事に対して冷静な判断ができなくなってしまうのも
この病気を完治させるのに難しい要因となっているようです。


世の女性たちの多くは痩せてキレイになりたい思いから、食事制限をした経験があるのではないでしょうか?
特別な人がなる病気ではなく、誰でもなりうる可能性のある病気ですよね。


美容体型に対する私の考え方は
「痩せていることが美徳ではない」ということです。
ZEROに通って下さる生徒さんにも常に伝えています。


ですので、私のスタジオでは一切食事制限の指導はしません。


背骨の歪みがなく、キレイなS字ラインが整った姿勢であるということは自律神経が正常に働いています。
身体が要求するもの、エネルギーとして不足している食べ物を脳が判断します。
お肉が食べたい、魚が食べたい、お米を食べたい…
体内に良質な脂がたりないな~と身体(脳)が判断すれば、今日はガッツリ豚カツなどの揚げ物が食べたい
と感じるようにできているのです。
それを素直に身体に取り入れてあげればOKなのです。
もちろん必要な栄養が足りている場合は、お腹が空かないと思います。
そんな時は無理に食べる必要もないのです。

 

尾骨から仙骨⇒背骨から脳まで髄膜という膜でおおわれて、常に指令を与えています。
それが自律神経です。

お腹が空いたな~、眠いな~、暑いな~、寒いな~
これらの感覚は全て自律神経によって作用しています。

食事の量もこの自律神経の働きによってコントロールされています。

摂食障害の方は、自身の食事の適量が分からなくなってしまうのです。
それがこの病気の恐ろしさだと思います。


だったら、ダイエットの入り口を食事制限ではなく
背骨の歪みを整えて、キレイな姿勢美人を目指せばこのようなつらい病気になることもないですよね。


食事量は皆違ってていいのです。


私たちの食事量は自律神経がしっかりとコントロールしてくれますから、その日食べたいと思った物を
素直に食べるのが一番幸せな食事ですよね♪


素直に食事を楽しみ、その食事を幸せに感じられているのであれば
それがあなたにとっての美容体型なはずです。


自分が健康的で美しいスタイルと感じられれば、家族もお友達も恋人も同じように
あなたを魅力的で美しい女性と感じてくれると思いませんか♪


姿勢の悪さは自律神経の誤作動を引き起こします。


食事制限をダイエットの定番とするのではなく
誤作動をおこさない美しい姿勢(背骨)を手に入れるダイエットが定番になるように
微力ながら諦めずに発信していきたいと思います。


無理な食事制限や摂食障害で苦しんでいる人たちに、このブログが届くといいな~


スタジオZERO 高畑