怒ったときの表現方法で人生が大きく変わる!?

2021/03/25 ブログ
怒る女性


突然ですがあなたは怒りの感情がわいたとき、どんな言葉で表現しますか?



①『頭にきた!!』

②『ムカつく!!』

あなたはどちらのタイプでしょうか?

傾向として現代人の多くの方が使う表現としては

②の『ムカつく!!』だそうです。


どちらも同じ怒りの表現であることに変わりないのですが、精神的ストレスの掛かり方が実は違うのです。


①の『頭にきた!!』は怒りの感情が頭から抜ける表現なのです。
ようは怒りが頭から噴火している状態と言えばイメージしやすいでしょうか。
このような怒り方は、後を引かない、根に持たない、誰かに聞いてもらったらスッキリして気持ちの切り替えが早くできる人です。
「話を聞いてくれてありがとう♪なんかスッキリしちゃった♪明日からも頑張ろう♪」
前向きな気持ちで一件落着できるタイプなのです。


②の『ムカつく!!』は怒りの感情が頭から抜けることはなく、胸に沈んで取り出せない…
日常的にムカつくことの多い方は、行き場のない怒りの感情が胸にたまっていつしか毒のように自身をむしばんでいく…

心がスッキリすることはなく、根に持つタイプです。
周囲の人から「なんだかあの人いつも不機嫌で怖い」そんなイメージをもたれてしまう人です。


人間には喜怒哀楽を表現する自由を与えられていますから、怒りの感情がわくことは悪いことではありません。
しかし、その後のメンタルの持っていき方が大切なのです。


ここ最近の傾向として、怒りの感情が陰湿化しているような風潮を感じるのは私だけではないと思います。
ムカついてる人が多いのが理由なのかなぁ~


【怒ったときの表現方法で人生が大きく変わる!?】

今回のブログのタイトル大げさでは…と思った方
いえいえ~大げさではありませんよ~。

人生は結局のところ小さなことの積み重ねでできているのです。


①怒りの感情を早い段階で手放せる、生き方の上手な人
⇒運気が高く、幸せ度の高い人生。

②怒りの感情をため込み執着してしまう、生き方の下手な人
⇒負のスパイラルにおちいり、不運な人生。


当然、見た目にも表れますよね~♪


インストラクターとして長く仕事をしていると、ストレッチや筋トレ・有酸素運動などの肉体的なアプローチだけでは、決して超えられない壁があることに気づきます。


感情のコントロールです。
負の感情は毒にしかなりません。
慢性的に怒り(毒)をため込むことがクセになっている方は、どんなに肉体的なアプローチを続けたとしても
美容体型にまでもっていくことが難しいと感じます。


ダイエットに何度も挫折し、リバウンドを繰り返している方…
そんな時の自分を振り返ると、感情のコントロールが上手にできていないのではないでしょうか。


ヨガをするだけでは足りないのです。
ヨガのマインドを実践できていることも含めて、ヨガ(骨盤・筋膜)で美容体型を手に入れることができるの
です。
感情のコントロールもヨガでは大切なトレーニングです。


「全てを受け入れ、執着を手放す」


抱いてしまった負の感情をいち早く手放し、自分の機嫌は自分でとれるスマートな女性になる☆
ここまでできて『ワンランク上の美容体型』なのです。


その、第一歩として
正しい怒り方は『頭にきた!!』と言う表現方法を皆さん使って下さい。
こちらが健康的な怒り方ですよ♪


スタジオZERO 高畑 マキ