古い習慣をやめてみる!

2021/10/06 ブログ
ケーキバイキング

 

9月から甘い物をやめてみよう♪と突然思い立ち今も続けています。


私はZEROのホームページでも書いていますが、ダイエットに食事制限は必要ないと思っています。
その考えに今も変わりはありません。


食べたかったら食べればいいし、食べたくなければ食べなければいい…
物ごとのとらえ方は、シンプルイズベストです。
このような考え方ができると、身体も無駄な物がそぎ落とされるので結果的に無駄な脂肪が付くこともなく、健康的な身体=美容体型にシフトしていきます。


ですので、私は甘い物を食べても太ることがないので食後のスイーツタイムを何十年も習慣化していました。


むしろここが落とし穴と言ってもいいのかもしれませんが、太らないので調子にのって食べてしまうのですよ。


私も年明け47歳になりアラフィフ世代です。
そろそろ更年期も視野に入ってきて、身体が大きく変わる節目にきているのだと思います。


アレルギー反応が出るようになったのです。


元々、花粉症で春には痒みがでるのですがスイーツを食べると肋骨(リンパ節)のあたりが痒くなる症状が出始めました。


身体の声
「そろそろ糖分取り過ぎはやばいよ~」


の声が聞こえてきたのです。


アレルギー検査をした訳ではないのですが、直感で気づいたことがあります。
私、牛乳アレルギーだ!!


糖分過多もアレルギーが酷くなりますが、ケーキやシュークリームなどコクのあるスイーツは乳成分も多く含まれていますよね。


いろいろ細かく調べるのがめんどうなので、だったらスイーツ全般&お菓子&牛乳を一切やめてみよう♪
と思ったわけです。


身体づくりの鉄則!
「中途半端は何も変わらない」です。


これ、人生も同じですよね。自分の人生ガラッと変えたかったら一気にシフトチェンジする勢いが大切です。
中途半端で人生が飛躍した人はいないと思います。


嗜好品&牛乳をやめて1か月以上が経ちましたが、すこぶる調子がいいです。


スイーツ中毒の私でしたが、まったくストレスを感じることがないので今も続けています。


えっっ???甘い物を食べないことがストレスにならないの…と思いますよね~


それがならないんですよ~


その要因が睡眠の質がめちゃくちゃ上がったからだと思います。


睡眠の質がグッと上がったことでストレスが無くなり、甘い物でストレス解消する必要がなくなったのだと思います。


糖分の過剰摂取は睡眠障害を引き起こしていることが分かりました。


この調子で続けて、来年の春花粉症がかなり収まっているのでは♪…と期待しています。


朝の目覚めが悪く、身体がだるい…
そんな方は、ためしに甘い物をやめてみるのはいかがでしょうか。


身体づくりは新しい物や習慣を取り入れることに意識が向きやすいですが、古い習慣をやめてみる!
これも、美容体型への近道だと実感しました。

 

スタジオZERO 高畑 マキ

 

余談ですが、お彼岸でお母さんから頂いた「おはぎ」は食べちゃいました♪